library

福岡市中央区大名のselect shop「library」のスタッフブログです。

よそ行きアイテムのラスト1点達。

3月は26日目。







日が落ちればまだまだ冬の寒さが残りつつ、桜が咲き始めるというニュースを見れば、もう春なのかと感じます。








季節の変わり目、libraryの店内も大きく変わり、春満開です。







そして、この季節になれば送別会に歓迎会、花見やら飲み事が増えるのも楽しみの1つ。







オシャレはしたいけどバキバキはちょっと違うなと感じる方も多い事でしょう。







そんな方々の為に、軽く羽織ってオシャレに見えるアイテムといえばジャケットかと思いますが、本日よりlibraryではジャケットをメインにスタイリングしたジャケット特集のノリでブログを書かせて頂きます。







まず最初はこちらのブランドでスタート。







『Name.』







言わずと知れた、libraryでもっともファンの多いブランドの1つかと思います。








そんなよそ行きスタイリングで使うアイテム達がこちら。



非常にシンプルなアイテムをピックさせて頂きました。













Name.が得意とするテーラードジャケット。







ラペルをカットオフする事で、今までありそうでなかった雰囲気に作り上げています。







素材に若干のストレッチを織り込む事で、ジャケット特有のストレスあるハリ感がなく、楽に着用出来るのが嬉しい所。







ボタンはキャッツアイで、小さいところまで拘るのがName.。







袖は本セッパとなっており、暑い時にはまくって着用する事も可能です。







バックスタイルは非常にシンプルですが、ラインが非常に綺麗なため、雰囲気は抜群。







そして、合わせるのがこの重ね着したタンクトップとカットソー。







『Name.&Scye』













天竺素材で作られたScyeのカットソーは、肌触りが非常に良く、着用した瞬間に良い物とわからせてくれます。







クルーネックの作りですが、天竺素材でこの織り方をしているのは、Scyeと某メゾンブランドとの事。







裾にはシルクのテープを貼りこむくらいの作り込みで、ドメスティックブランドの中でも、堂々とメゾンブランドと戦えるクオリティーの高さは、日本人として嬉しいばかり。







そんなScyeのカットソーのインナーには、Name.のロングタンクトップをチョイス。







肉厚なワッフル素材が出す表情はカジュアルでありながらも、Name.というブランドが品を与えたことにより、上品な仕上がりに。







特に、1枚で着用すると寂し気な表情が多いカットソーには、スパイスとして非常にオススメです。







最後に合わせるパンツはこちら。







『Name.』















デニムトラウザーズ。







通称『デニトラ』。







やや緩いサイズ感の腰と股ですが、抜群に綺麗なテーパードがName.らしい作り。







シルエットは見た目と着用した時の印象がまったく違い、緩さが見せる上品さはさすがの一言。







タックパンツというのが使い勝手の良さを感じ、カジュアルから綺麗なスタイリングまで、幅広く対応できるポリバレント性は嬉しい所。








季節に合わせてスタイリング出来るのがファッションの楽しさでもあります。







楽しくオシャレして、楽しく毎日過ごしたいですね。







各アイテム達、是非お試し下さいませ。







それでは本日この辺で。

マルちゃんでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
 

library

Author:library

-CATEGORY-
-LATEST STORY-
-LATEST COMMENT-
-CALENDAR-

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
-MONTHLY ARCHIVE-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

複眼RSS (1記事前をサムネイル化 )

複眼RSS
美人コントローラーβ ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
-LINK-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ページの先頭へ