library

福岡市中央区大名のselect shop「library」のスタッフブログです。

15世紀から今に至る靴、PREMIATAの艶気と共に。

9月は24日目。







libraryは1日ノンビリした時間を過ごしています。








昨日までの嵐のような休日明け、ノンビリとした時間にJemが良い雰囲気の中でBGMとなり、より一層優雅な時間を過ごしたくなります。








こんな空間でコーヒーでも飲みながら、読書でもしたい、そんな気分です。







それはそれは、リラックスした時間であれば、色んな知識が頭の中に入り、いつも以上に満足した1日を過ごせることでしょう。







さて、本日は何を紹介しようか迷いましたが、皆様、こちらの紹介を待ちわびてた事でしょう。







『PREMIATA』







ダブルモンクシューズのご紹介です。








libraryにご来店してくださっている皆様には、PREMIATAはご存知かと思いますが、この型は初めてです。







まず、モンクシューズとは一体なんですかと良く聞かれますが、このシューズを語るには、まず15世紀にまで遡ります。








今で言えば、ヨーロッパの北アルプス地域にいた修道僧がサンダル変わりに着用していたのがモンクシューズ。








名残として、英語で意味するモンクからこの名前がつき、紐靴とはまた一味も二味も違う、ストイックなルックスの中に、艶気があるのが特徴です。







いろいろなブランドからトレンドということもあり、モンクシューズやダブルモンクシューズが出されていますが、PREMIATAにかかれば他のブランドとは違うドレスな雰囲気、艶気、モード感がプラスされ、よりエレガントなつくりに仕上がります。








それではPREMIATAのダブルモンクシューズ、ご覧下さい。















ややマットな質感の中に、艶があるPREMIATAらしい作りのダブルモンクシューズ。







前から見るルックスは勿論の事、ヒールからトゥーにかけての曲線美が美しく、このラインの美しさはPREMIATAが1番かと、個人的には感じます。







また、イタリア靴らしいウィズに、マッケイ製法。この製法がPREMIATAの作りを、よりエレガントに見せてくれます。







トゥーはキャップトゥーとブラック一色の靴作りの中にメリハリを。








足を通した瞬間に違いがわかる、PREMIATAはそんなシューズです。








皆様のライフスタイルシーンの中に、もう1つ、華をもたせては如何でしょうか。








良い靴は良い出逢い、そして良い場所へと靴が足を運ばせてくれます。








是非、お試しください。

¥82,000-(+tax)

それでは本日この辺で。

マルちゃんでした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
 

library

Author:library

-CATEGORY-
-LATEST STORY-
-LATEST COMMENT-
-CALENDAR-

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
-MONTHLY ARCHIVE-
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

複眼RSS (1記事前をサムネイル化 )

複眼RSS
美人コントローラーβ ランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
-LINK-
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ページの先頭へ